チーム間の対話を難しくしている原因って?~認知バイアスってもの~

この記事でわかること

→ 人には考え方、受け取り方に癖があって、それが対話の邪魔をしていることがあるよ

ども、ナカシマです。

最近人の認知について興味を持っています。

というのは、リフレクションって、気づきを生み出すのが主目的なのですが、その気づき(つまり認知)ってどう発生しているのか、もっと詳しく調べてみたいと思ったからですね。

さて、そんな認知を巡る勉強の中で思ったことがあります。

認知には、認知バイアスってのがあって、それが対話を難しくしているのではないか!ということ。

対話、対話っていろんなとこで言われてますけど、実際自分の組織でできるかって言われたら、それは難しいよってとこも多いと多いと思います。

でも、「じゃ、なぜ対話は難しいの?」ってことを深く考えることって、あまりないと思うんです。

今日はそこら辺を、認知バイアスって観点から説明してみようと思います。

 

■認知バイアスについて

まず、認知バイアスって言葉について説明しますね。

これ、超簡単にいうと「人が犯しやすい勘違い」とか「自分勝手な思い込み」だと思ってくれたらいいです。(bias:バイアスは隔たりって意味なので、認知の隔たりってことですね。)

例えばよく言われている認知バイアスに、後知恵バイアスってのがあります。

これ、ウィキペディア先生によると、「過去の事象を全て予測可能であったかのように見る傾向」ってあります。

ビジネス書とか読んでると、この傾向はよくありますね。

ビジネス書にはいろんな理論がのっていますが、それで過去の問題が全て解決するような気がしません?これはまさに後知恵バイアスからくる認知の歪みですね。

よくよく考えてみると、当然のことながら、全て通用する理論なんて今のとこ無いですよね。でもビジネス書を読んだ後は、この理論だったら全てに通用する!とか思っちゃっうから面白いです。(そして厄介!)

 

■対話が歪められる

で、この認知バイアスっての、対話をするときにも発生します。

例えば有名ドコロでは確証バイアスってのがあります。

確証バイアスってのは、自分の先入観にもとづいて情報を収集してしまって、その先入観を「正しかった!」と言いたがるバイアスのことです。

対話しているとき思い返してみてください、自分の仮説をもちながら、他の人の話を聞いていませんか?

もっと具体的に言うと、「恐らくこういうことだろう(みたいな先入観)」を持って、他の人の話を聞いてませんか?

そうやって先入観を持ってると、確証バイアスが活躍してくれます。つまりちゃんと相手の話を聞かないで、自分の先入観に合う情報だけをとってしまうんですね。

そうなると、ちゃんと対話ができない。

ということで、対話ではこの辺を傾聴とか言ったり、高位のレベルの聴くとかいったりしてます(なんか流派毎に色々ある感じです)。

傾聴が必要と言われているのは、こんな認知バイアスの罠を抜けるためというのが僕の解釈です。

認知バイアスは確証バイアス以外にもたくさんあります。それこそ、「あー、あるある」ってのばっかりです。

でもこれて避けようと思って意識的に避けるといのは難しいです。

「ありのまま」を見ることってのは、多分相当難しいです。(っていうか無理?)

でも、「ありのまま」はそのまま見ることはできなくても、「自分の認知には、恐らく何らかのバイアスがかかっているな」と思いながら、見ることはできます。

そういうポイントを知って、対話する場合、そうでない場合は結果にも差が出てくると思います。

ということで、対話をするときはぜひ覚えといてください。

 

「自分の考えてる事・感じてる事は、何らかのバイアスが入っている。」

 

これを皆で共有できていれば、変な評価や判断が入りにくい場が出来やすいことだと思います。

 
====

Web版では言えないこと、まとまってない頭の中の情報など、メール版で発信してます。

1分で読めるその日だからこそ配信できる鮮度の高い情報を配信です。

ナカシマをあなたのアンテナにしてみませんか?

お名前 (任意)

メールアドレス (必須)